ぱーぷるわんこ

関西の無限大なお兄さんと薔薇のせくしーな子供たちの感想ブログ。算命学かじり始めました。

SixTONESについて

タイトルでお分かりかと思いますが、SixTONESに落ちました。

YouTubeさんでMV見てからというもの、JAPONICA STYLEが頭から離れなくて、一人でいるときはひたすら頭の中でエンドレスリピート状態です。
リズムテンポのよさのせいか、仕事がめちゃくちゃはかどるのでとても良い効果です。歌詞にあんまり気を取られないタイプの曲なのもとてもいいのかもしれない。
仕事のお供にJAPONICA STYLE。
仕事関連で資格試験があったんですが、試験直前までYouTubeで過去映像を漁るようになったのは確実にあのMVのせいです。
でもお供にしたおかげで勉強がはかどったりもしたのでプラマイゼロです。
勉強のお供にもJAPONICA STYLE。

本当は、少クラで見ていたのでもともと曲は知ってたんですが、そんな好みな曲ではなかったんですよ。もともとは。どっちかというと、この星のHIKARIみたいにメロディライン分かりやすいやつが好みです。
なのに、MVを見終わったら、恐ろしいほど脳内エンドレスリピートしている自分に気づきました。
朝起きたら自然にJAPONICA STYLE。
仕事中でもふとした瞬間JAPONICA STYLE。
寝る瞬間、布団かぶってJAPONICA STYLE。
なんだろう、映像がひたすら綺麗で、何度も繰り返して見たからでしょうか。

もともと、バカレアあたりからJrの中では断然イチオシのグループなんですが、Jrはほんとガチで応援するのに覚悟がいると個人的に思っていて。デビュー組と違って、いつ解散させられてもおかしくなかったり、いつ一般人に戻っても分からなかったり、ちょっと推されたと思ったらハブられたり、後輩が先にデビューしたり。そういう覚悟が全くできないので、どれだけハマっても絶対に深入りはしないぞと思っていました。
でも、延々頭の中で曲が鳴るので、促されるようにJrチャンネルのSixTONESの動画を再確認し、バカレアの動画を見つけては再生し、見逃していた過去の動画を漁り、生ラジオの日にはスマホ片手にスタンバイして待ち、風磨ソロコンのSixTONESを確認し、気がついたらペイジーしてました。
崖っぷちでずっと、ずーっと踏ん張って頑張ってたのに、MVひとつで簡単に崖の下に突き落とされた気分です。
滝沢P、恐ろしい子…!

言ってしまえば、今でもJr担になる覚悟ができているとは言えないんだけれど、後悔はしてません。SixTONESちゃんたちの最近の盛り上がりは半端ないし、彼らはこの波をモノにしてくれると、信じさせてくれる。少なくとも、知らない間に消えたりしないと信じられる。そう思えるのが嬉しいし、彼らのすごいところだと思います。いまようやく彼らが乗ったこの波の一助になりたい。素直にそう思います。



ただ、これだけ波が来ているけれど、デビューできるとして、ほんとに今でいいのか。
運命がそれを阻まないか。
気になったときの算命学。
相変わらずの素人算命学ですが、簡単に調べてみました。


ひとまず日干支、主星、天中殺を並べてみます。
日干支の陰陽五行は日干のほうです。

髙地優吾 癸巳(水-) 鳳閣(火+) 午未天中殺
京本大我 癸亥(水-) 石門(木-) 子丑天中殺
田中樹 丁丑(火-) 鳳閣(火+) 申酉天中殺
松村北斗 庚辰(金+) 玉堂(水-) 申酉天中殺
ジェシー 乙卯(木-) 貫索(木+) 申酉天中殺
森本慎太郎 戊午(土+) 玉堂(水-) 子丑天中殺

パッと見て、バランスいいなーって感じです。ほんと。日干は五行が綺麗に揃い、主星は陰陽が同数で五行も水木火がどれも隣合っていて、綺麗に補い合ってる感があります。

気になる天中殺ですが、2018年は戌年。2019年は亥年
申酉天中殺が明けて、子丑に入るまでの二年間。
2018年と2019年、誰も天中殺が被っていません。
2018年にブームが来て、2019年にデビュー。そんな雰囲気があります。

天中殺でなくとも、他力運がそこまで高い時期でもないようで、今しかないぞ!という雰囲気でもなさそうなんですが。でもまあそもそも、SixTONESはもともと時流に流されるよりも、自力でひとつひとつ掴み取ってきたグループだろうなと思うので、そこまで他力運が必要ないのかもしれません。
普通のJrと比べて、良くも悪くも、あまりにもたくさんの経験をしてきた子たちだと思うし、どうにもならない障害も多いグループだと思います。だからこそ、他力運に頼りすぎない波を掴み取れたなら、それはあまりにも強い。ここをモノにしてほしいな、と素直に思います。

あと、主星と日干から簡単に相性を見てみると。

どちらも相生の関係になってるのは、
髙地とジェシー、大我と北斗、樹とジェシーの三組だけです。
きょもほく!!!!!仲良しじゃねーかよ!!!!!!
まあ相生イコール仲がいい、というのとは違うので、また別ですが。思わず。
髙地とジェシーは想像どおりというか、なんというか。
ちなみに髙地とジェシー、大我と北斗は互いに互いを活かしてるのに対し、樹とジェシーだとジェシーが完全に樹を活かす側です。意外だな〜。

逆にどちらも相剋の関係なのは、樹と北斗、髙地と慎太郎の二組。最年長最年少コンビと同級生コンビ。またもや意外です。

北斗と慎太郎推しのバカレアから始まって、北斗とジェシー推しを経ての、今のきょもジェ歌うまセンタースタイルだと思うんですが。この2人だけが、日干主星のどちらも相剋の関係の相手がいないだけでなく、全員と相生の関係も持っている、というのは、SixTONESちゃんたちの模索の結果なのかもしれないなあと思います。
一度バラバラになった6人を、ジェシーが引き止めたと聞くけれど、確かに、命式の上で、ジェシーが一番全員と相性がいいです。一人だけKYポイント高かったりするけど(笑)、ジェシーが間を取り持ってる部分は、結構大きいんじゃないかなあと思います。

SixTONESちゃんたちの命式を見て思ったのは、この子たちは運命に必死に抗って生きてきたのかなあということ。
運命というものは、味方につけるととても強力で、でも、運命に邪魔されると、とてもじゃないけど太刀打ちできない恐ろしいものです。
SixTONESちゃんたちのここ数年の他力運は、決して恵まれた流れにはいなくて、バカレアの2012年も、結成の2015年も、実はそれほど全体的に他力運が高いわけではありません。2015年は、髙地一人だけれど、天中殺被りすらある年です。
けれど、運命が流れをあまり阻まない時期、掻い潜るように集中して大きく羽ばたいているように感じます。
他力運より、自力運で生きていける。そんな力強さを感じます。

あとこれだけはどうしても言いたい。他力自力といえば、気になるのが、超絶気になるのが大我の子丑天中殺です。
お、おま、初代運じゃねーかよ…!
あれだけ偉大なパパを持ちながら、二世タレントとして羽ばたきそうな雰囲気出しながら、まさかの初代運。
子丑天中殺の人は、親から受け継いだ事業とかには向いてません。基本的には自力で切り開いていく開拓者が向いています。初代向きです。どうしても継がなきゃいけない跡取りの場合でも、親とは変わったことするとか、ある意味での「初代」らしさが、成功のために必要な要素です。
ジャニーズで、親も知らない未知の世界で、ある意味での初代らしさはあると思うので、まあ…大丈夫なのかな…とは思うんですが。
事務所への入所も確かコネではなく、自力なんですよね。あんまりパパの威光に頼ると、成功を妨げることにもなりかねないので、そこはしっかり、京本大我としての道を歩み続けてほしいです。パパも相当な子煩悩のようですが、そっと、見守ってあげてほしいですね。言われなくとも、という人たちな気もしますが。


セクゾちゃんより人数が多くて被りが少ないので、ひとつひとつの関係性や一人一人の命式を確かめるには時間がかかりそうです。ひとまずは抜粋としてここまでで。
言いたいこととしては、きょもしんが天中殺に入るまでに、2019年までに是非ともデビューを!させてほしい!
でも、現実にそうなりそうな気もして、ちょっと、いやだいぶ、わくわくしています。
がんばれSixTONES